FC2ブログ

記事一覧

【PSO2以外の話】ラフトクランズ・アウルン&ヘキサギア ミニフライングベース

年末のコトブキヤ予約品。

























005_R_20171231140243dd1.jpg
まずは『ヘキサギア ミニフライングベース』から。
これは見ての通りミニサイズのフライングベースで、1つにつき2個入り。
『ヴァリアントフォース』と『リバティー・アライアンス』の両陣営のロゴがテトロンシールになっている。

テトロンシールだが、粘着力が強いせいか貼り直しはキツい。また非常に薄い材質なので、
素手で触ると指紋がモロについてしまう。よって貼るときはピンセットが必須。











006_R_201712311402455b6.jpg
ガバナーに使う場合は背中のヘキサグラムにボールジョイントの方を使って接続。
素立ちだとヒール故に不安定なローズも安定して配置出来る。
多分ボディが同じLATミラー(5月発売)もこれを使えば良さそう。

なお、接続が3ミリ軸の物も入っている。
此方を使えばMSGの展示台とか、デスクトップアーミーのベースとしても利用可能だ。

























で、次は『ラフトクランズ・アウルン』。初出は携帯機のスパロボJから。
アウルンという固有名になったのはムーン・デュエラーズの時。
001_R_20171231140238cd0.jpg
スケール表記はNON。設定上の全高は34.0mなので、FAと比べると倍以上のサイズという事になる。
デザイナーはFAでもお馴染み柳瀬孝之氏。
写真では武器を支えてあるが、実際この武器は結構な重量なので支柱は欲しい。
とりあえず我が家ではレイファルクスに付いてた奴を拝借して支えにしてある。

素材的にはPS&ABSにポリキャップというよくある構成。関節部分はほぼABSで構成。
しかしこのキット、これでもかとパーツ構成で色分けされている。








分かり易いのが頭部、胴体、肩アーマー辺り。
002_R_20171231140240f5d.jpg
特に頭部は塗装済みパーツと分割だけで色分けがほぼ済んでる領域。
胴体も蛍光グリーンの部分が別パーツ(サイズ極小)、肩アーマーも白ライン・黄色の部分が別パーツ。
ただのパチ組みでも十分過ぎる領域。

精密すぎる構成なので、その分嵌め込みのすり合わせは念入りに。
とりあえず、各部の黄色いパーツは裏側の接続部分を流し込みセメントで完全固定した。
腰のフロントアーマー、サイドアーマーも装甲の裏側にある接続部分で接着固定。
…それでもフロント部分はそもそも細い方なので何か動かすのが怖いレベル。













004_R_201712311402421e4.jpg003_R_20171231140240e88.jpg
『オルゴン・ソード・ライフル』と『クロー・シールド』も大分色分けされている。
ソードライフルはクリアパーツの装着により、ソード時のオルゴン・マテリアライゼーション状態も再現。
更に真ん中から大きく開いてバスカー・モードの状態にも出来る。
(その時展開する超巨大なソード刃は流石に付属していない、斬艦刀もかくやの巨大さなので仕方ないが)

クロー・シールドの方も差し替えで展開状態を再現。また、腹部のオルゴン・キャノンも差し替えで展開可能。




















さーて、まだアームドブレイカーやゼルフィカール/NEが組んでないにも関わらず、
数日前にメガミデバイスの朱羅 忍者を買って来てしまったので…正月中に少しでも積みを減らそうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ディソーダー

Author:ディソーダー
PSO2をプレイしている1アークスのブログ。
ニンジャヘッズでもある模様。
またプラモの話もしており、時々ネタに挙がる。

こう見えてα2テスト時代からの古参。
俗に言う自キャラ大好きな方のガチ勢、普段は隠してるが。

毎日更新は(ネタ的に)無理ですハイ

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

このサイトで使用しているPHANTASY STAR ONLINE2の画像及びスクリーンショット、データ、音声、テキスト等の 一切の権利は株式会社セガゲームスに帰属します。著作権を侵害する行為、転載や再配布、再利用を禁止します。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター